明日よりバンコクへの出稼ぎ ついでに移動運用

当方不本意ながら明日よりBKKに出稼ぎ行ってきます。
 
現地での移動運用を画策していましたが、以前の洪水問題で、予定していた大学での移動運用がNGとなってしまったため、今回は別の形でいたします。
 
タイには無線機の持ち込みはご法度です。国の指定した電波以外受信自体が違法であることは知られていません。。。。よって受信機も違法となりますし、密告制度も有りますから、ごく限られた日本人しか運用ができない国のようです。
 
今回は無線は断念しますが、エコリンクなるモノで無線の交信?をしようとたくらみました。しかし当方のPCにプログラムはダウンロードしても、認証が取れません。JARL.COMのアドレスを入れてもだめみたいです。
 
そこで今回はZelloなるもので、交信をたくらんでいます。。。。。
おやりになっている方QSOよろしくお願いいたします。
 
QSLも発行を予定しています。今回も持ち込んで、あっちこっちでハンコウ押したモノをJARLに発送します。。。。
 
無線???との疑問は残りますが。。。。。
 
以下Zelloの解説です。日本語に変換されたモノも表示できます。。。。
 
 
Zello (Loudtalks))は携帯端末やPCをトランシーバーとして使える無料アプリです。友達と旅行や遊び等に出かけた際、トランシーバーを使うようにこまめに連絡を取る事ができ、その都度電話をかける手間が省けます。一度に多人数に呼びかけられる点も特徴です。BlackberryやPC、Windows Mobileなど幅広い端末で使える点も魅力です。
Zello (Loudtalks)を使うには無料のアカウント登録が必要です。登録が完了したら友達のアカウントや一般に公開されている「チャンネル(複数人で会話する空間)」を追加し、自由に会話を楽しむことができます。チャンネルでは最大100人に話しかけることが可能です。複数の友達と連絡を取りたい時など、1つのチャンネルに集めて一斉に情報を伝達することができます。チャンネルの中には語学練習を目的としたものもあります。自分の興味のあるテーマやトピックに参加するのも面白いでしょう。
Zello (Loudtalks)は端末のハードウェアボタンを会話用ボタンに割り当てることもできます。すぐに押せるボタンを割り当てておけば、まさにトランシーバーを片手に会話している気分を味わえます。また、一般的なメッセンジャーアプリのように、多忙や離席など現在の状況を「ステータス表示」することができます。他の作業をしていてすぐに返事ができない時、簡単に周知することができて便利です。
Zello (Loudtalks)のメニューは英語表示のみですが、直感的に操作でき、使われている単語も平易なため迷うことはないでしょう。また、iPhone版があるとより多くのユーザーと連携することができるため、対応して欲しいところです。

この記事へのコメント