オイル交換時に不快

出稼ぎから帰宅しました。助手を送り、オイル交換に立ち寄ります。前回からの交換で16500km走りました。人によっては3000km、5000kmで交換しないとエンジンが壊れるとか言いますが、当方からしたら3000kmは2週間の走行距離です。そんな距離ではもちろん交換しません。今まで様々な車を乗り継いできましたが、エンジンの問題で車を廃車にしたことは一度もありません。唯一ターボタービンが焼き付き、廃車にしたことはありましたが、長野の出先で自走しターボの効く回転数以下で走行し帰りました。その車はフォロクスワーゲンのゴルフでしたが、工場長も初めての経験だといいます。
イメージ 1

車好きで愛着があるのは分かりますが、3000kmで交換ですか。当方からしたら、笑止。。。ネット君の頭でっかち。実体験による経験がないのでしょうか、他者の情報に振り回されているのでしょうね。

実態のない情報「インターネットは空っぽの洞窟」と揶揄された方がいますが、本当にそう思います。

ネットの情報が全てという人、相手にしていませんし信用していません。馬鹿がうつるから寄るな、、、、というより当方が馬鹿なので寄るなですね。

この記事へのコメント