アドレス110の過剰整備

いつものバイク屋さんから電話がありました。先日お願いしていた部品が入荷したという。。。。1時間程度で終わるけど、代車もあるから乗って帰ってもいいし、、、といいます。早速持っていきました。
イメージ 1


せっかくなので、見学することにしました。さすがにプロですね。。。。手際よく作業をこなします。ちょっとおしゃべりしたりしながら、観察です。
イメージ 2


駆動ベルトの蓋を開け、内側です。黒いのは駆動ベルトが擦れて、その粉がびっしりと付着しています。神戸・山形あつみ温泉・伊豆修善寺と、仕事の訪問地を何度となく走っています。また地元ではほぼ毎日チョロチョロと走っています。ベルトもそれなりに減るわけです。
イメージ 3


オイルフィルターも今回初めて交換。エンジンオイル600ccと、ギヤオイル80ccも交換です。オイルぐらいは自分でもできますが、大した金額ではないので、併せてお願いしています。
イメージ 4


駆動のベルトはこちらです。交換後の古いものですが、捨てずにいただきます。これをバイクに積んで置き、出先で万が一切れたときは、この部品を使って、出先で直してもらう予定です。通常の半分未満の距離での交換だったので、大して減りもなく、まだまだ使えるとのことでしたが、二人乗りで四国に行くならば、リスクを軽減させるためにも必要との判断です。出先で壊れると、部品の到着で数日待たされますから、、、、
イメージ 5

今回の整備
エンジンオイル交換
オイルフィルター交換
ギアオイル交換
エアフィルター洗浄
駆動ベルト交換
プラグ点検のみ
〆て13300円でした。部品発注書がちらっと見えましたが、ベルト代5200円、オイルフィルター500円と書かれていました。これにオイル代500円をとしたら、6200円の原価です。手間賃は差額7100円ですか、、車と違い大した手間賃ではないですね。車でAT部品交換となれば最低15万円コースですよね。。。。。

バイク屋のおじさん曰く
「自分でできるだろうと云って作業して、できなくなり持ってくるお客さんもいる。プラグなんて簡単と云って斜めに刺して締めてしまうと、最悪なんだょね。シリンダー丸々交換になると途轍もなくお金がかかるからね。。。」と言う。 やはり自分には無理そうです。バイク治す行為が結局壊してしまうことにつながりそうです。多少の費用をかけても、プロに頼んだほうが良いと改めて感じました。これでまたたくさん走れそうです。

二人乗りをしても、長距離長時間の走りをしても、駆動ベルトの状態がこの程度かということが分かりました。次は15000km程度走ったのちに交換します。今回は基準値を知るための整備でもありました。

この記事へのコメント