壊す気で走った?

日曜日の昼過ぎに出稼ぎから戻りました。。。。。仕事場には書類が山になっています。。。。。。おじさんの夏休みは終わってしまいました(2か月で5回の出稼ぎはちょっと激務すぎました)。。。。。9月頭の学芸会に向けて、全力でしなければならなくなりました。。。。。

さて今回の出稼ぎの途中、徳島県でオイルの交換をしてみました。バイク屋では1500円~2000円程度請求されたことが有りました。今回はスタンドでお願いしたら780円で済みました。ガソリンスタンドはたいてい高いモノと考えていたのが、今は違うようですね。0.65リットルしかオイルが入らないので、1000円もしないもので終わる結果となっています。
イメージ 1


今回のバイクの出稼ぎで、バイクにも不具合が出てきたので、地元に戻りいつものバイク屋に飛び込みました。。。。
1スピードメーター不良
 実際のスピードよりもおそらく速く表示されているように感じます。60km程度のスピードに80km程度表示されてしまいます。

2オイルの消費が激しすぎる
 徳島から700km程度の走行で、オイルゲージの下限まで量が減っていました。
イメージ 2

バイク屋のオヤジさんが、、、、、
『小型バイクの仕事量を超えた使い方だからな、、、、、』と言います。110ccでは過酷すぎましたか??? 2か月で4回はバイクでしたから、これがとどめを刺したのでは??とも言われました。おりしも鈴鹿サーキットでは8時間耐久レースが開催されていましたが、当方は8時間ではなくもっと長時間の走行条件ですから、そりゃ痛めたのでしょうか。

エンジン分解はお金がかかりすぎるので、しないつもりです。オイルを継ぎ足しで走るのも、限度がありますが、当分はそれで凌ぐしかないのかもしれません。

お金が有れば、これを口実に別の車両に買い換えられるのですが、、
それもできません。

この記事へのコメント