大子町八溝山1022m

日曜日は土曜日の予報と違い、晴れのようです。しかし仕事で横須賀行が予定されています。横須賀にも指定の山があったなぁ。。。。。ということで調べて準備をします。ただこの仕事、、、当日の朝どたゃンセルの可能性が高いのです。。。前科3回あるので、念のため別のエリアを調べておこう。林道を相変わらず走ります。車では通ることはできない道です。枝が沢山出ているので、車が傷だらけになります。やはりバイクだけですかね。。。伐採が進んでいました。
イメージ 1


通行止めですか、、、、、しかも4/1まで。。。。ここまで来て、、、、以前無線でやっていた人がいた。まさか担ぎ上げで登ったとしても、、、違う道があるはずだ!! 巡礼の寺も有ったはずだ。。。。。
イメージ 2


これか????鳥居だよ。。。。。でもここも通行止めですょ。。。。鳥居横の絵地図でこの先に県道がある。行ってダメならばあきらめよう。
イメージ 3


無事通行出来て、山頂付近まで到着できました。お遍路を何度も経験しているので、まぁいつもの道でした。。。。。
イメージ 4


茨城県大子町 八溝山1022mです。。。。有名な場所なのはうなずけました。車で上がってこれる場所が人気なんですよね。。。。ここはお手軽に車で登れます。県道で有れば、車に傷がつくような木は取り払われています。。。
イメージ 5


さて。。。。無線です。首都圏から遠いこの地では、出力は5Wは必要でしょう。バッテリーの外部電源は必要となるでしょう。またアンテナもいつものホイップよりも、八木アンテナの方が良いでしょうね。ここでわかったのは方位計がない事です。太陽の位置が分かればいらないと考えていたのですが、曇っているので、わかりません。。。。大体の位置を考えて向けました。スマホも県外です。。。。次回からはかばんに忍ばせておきます。無線機は30年ぶり利用のIC03Nでした。仕事場では電波が出ているのは確認できていましたが、実際に定められた量が出ているのか不明です。出力計も有りますが、コネクターの関係で利用できません。まぁCQです。
イメージ 6


周波数に何も音が入ってきません。。。。壊れているか?と思うほど何も聞こえません。まずは一発で水戸の方からのお声がけでした。電波は飛んでいる。。。でも後が続きません。。。。関東では当方の使っている周波数は誰かが使っているのでしょう。よって我が電波はつぶされているのでしょう。。。。結局ギリギリ4局交信できてクリアできました。以前よく八溝山からのCQの方と交信したことが有りましたが、きっと大きな八木アンテナに50Wなんでしょうね。当帆のへっぼこアンテナと5Wでは歯が立たないことが分かりました。
イメージ 7

都市部から離れた地域では、やはり交信は厳しいことが改めて分かりました。144MHzの方が聞いている人が多いのかもしれません。ということを考えるとC500のハンディー機で、144/430の2波出られる無線機の方が現実的です。144の八木はサイズ上持参できないので、伸ばすタイプのホイップも持参して、滑り止めとしたほうが良いようですね。

IC03Nも久しぶりの使用で、懐かしかったです。


この記事へのコメント