SOTA HG-028六甲山 許されるの?

西の仕事の休憩時間にちょっと走ってきました。。。バイクは買って190kmしか走っていません・・・買う意味なかったです。でもエンジンはかけないといけませんよね。。。。。と言い訳を言って仕事からちょっと抜け出します。
イメージ 1


本日はコンテストがあるから、430なんて誰もいないのでは????と思いながら歩きだし、まもなく山頂に到着しそうです。連休ということもあり、すごい人です。なんだ????見慣れたものがあるぞ????
イメージ 2


山頂では今日列を作って標識の前で写真を撮っている人が居たり、それを囲むように昼ご飯を食べている人もたくさんいます。。。
イメージ 3


その真横にこれです。。。。。立札には『アマチュア無線の楽しみ方』について書かれていました。またロープを引っ張ると危険ですとも書かれている。電信の運用のようで、音は一切聞こえてきません。音という面では誰にも迷惑をかけていませんが、????????です。周りの人たちも、危険物を見るような感じでいました。どんな面したヤツがやっているのか見てみたいと思いながら、、、、見えませんでした。
イメージ 4


当方はさすがにそこまで度胸がないので、山頂から離れ、山道からも外れた場所で、イヤフォンをつけて、小声でCQCQとしたところ、7局の方から声がかかり、そのまま撤収としました。430MHzFM2Wでの運用でした。
イメージ 5


大坂湾が良く見えましたが、曇りでかなり寒かったです。。。。
イメージ 6

今回の移動で SOTAは6点いただきました。毎回気を付けていることは、人の目に触れない場所。音を出さない。自分の声も小声で廻りに聞こえない程度の距離で。。。をモットーにしています。今回の移動局の移動方法はかなりショックでした。

連休のど真ん中で、とても人が集まる時期に、狭い山頂を長時間占有して、景観も台無し。。。。いずれは無線禁止にならなければ良いです。それ以上に無線に対して嫌悪感を持つ人が確実に増えたと思います。道の駅で無線禁止になったのにも理由があるわけで、、、、、この局を糾弾するわけではないが、自分も少し考えないといけないなぁと思わされました。

中継所の近くで無線をしても行けないのかな??電波障害を発生させる危険性があれば、もちろん運用はしませんが、、、、この辺も明確な資料を読み返そうと感じました。   自らの運用法を考えさせられる移動運用でした。

この記事へのコメント