内房の島へ

金曜日ので目的地はこちらの島となりました。島移動はおよそ1年ぶりです。最後もこのエリアでした。船を組み立て、ガソリンを入れて、、、、エンジンが掛かるか???ちょっと心配。ぼちぼちエンジンオイルの交換やスクリューのギアオイルの交換などもしたいです。
イメージ 1


以前から狙っていた島でしたが、今回は上陸できるか??前回は鷗のような鳥たちが占拠していたので、遠慮したのですが、今回はトンビの巣のようなものがありますが、、、、
イメージ 2


無事上陸できました。正面はノコギリ山です。風が出てきて、ちょっと寒いです。雨も降りそうなので短時間で何とかしたいですが、、、、バウはペットボトルの再利用。現場で海水半分いれて、、、、使用後は宿屋で捨てていきます。貧乏人は無い頭をフル回転てず。
イメージ 3


まずは島の頂上まで登り島の探検です。頂上にアンテナの固定できそうなものはない。。。トンビが上空を旋回しているので、カバンからビニール袋などを出していると、攫われる恐れもあるので、毎回カバンにしまうようにしています。また巣には近づかない。鋭い爪で攻撃されたら、何十針と縫うことになりますから。。。
イメージ 4


何とかしたの平らな部分でポールを固定して運用開始です。21MHzでCQを出し始めます。ポツポツと呼ばれますがペースとしてはたいして、、8局程度交信した後に、18MHzで2局。。。その後は7MHzへ。大抵コンディションが良いと7MHzはコンディションが悪かったりします。いちいちアンテナを張り替えて、そのバンドが使えない場合は、時間をロスるのでQSYはある意味賭けでもあります。勝山漁港の望みながら、、、、
イメージ 5


7MHzに切り替えますが、岩島で、木が生えていない。エレメントを固定するのが大変です。結局岩に触れる設営となりました。でも何とか電波は乗っているので良しとします。
イメージ 6


持ち込んだバッテリーがへたっているのか?電源が交信中に落ちるようになりました。パワーも25W程度しか出していないのですが、15W程度に抑えます。CQの空打ちが多すぎました。2時間時間を無駄にしましたが、後半戦にクラスターに載ったような感じで、呼ばれだしました。ギリギリ逃げ切りセーフです。お世話になりました。。。
イメージ 7

今回1年ぶりの無人島からのQRVで、よく声をかけていただいている方からこんなコメントがありました。「一年ぶりのご無沙汰でした。お元気のようで何より。最近は山ですか??」と。はい山ですと言えるほどしていないので、コメントは避けましたが、、、、固定で無線はほぼしないので、出稼ぎの合間にちょっとQRVなんですよね。。。。出稼ぎ無いと無線もできない・・・・。

チョット色々考えた出稼ぎでした。明日の午前は短時間でSOTAです。今後はこのパターンになりそうです。


この記事へのコメント