トカラ5

ついに帰る時間になりました。仕事もノルマ達成し、胸を張って帰ることができます。
この島は北緯30度線が島の北部に通過しています。太平洋戦争後北緯30度以南はアメリカ軍当地となり、ここの島から外国となりました。そう国境の島です。沖縄がアメリカの管理下にあったことは有名な話ですが、ここトカラでもあったのです。当時の島民の苦労が資料館の資料が伝えています。
 
イメージ 1
 
 
さらば 口之島 波高し、、早く寝よう
イメージ 2
 
 
 
 
船の中でハンコウ押しが、、、各局の手元に届くカードはどのハンコウですょうか?
一応中之島、口之島のハンコウにしました。。。
イメージ 3
 
 
今回の渡航で分かったこと。
・携帯電話はNTTdocomoのみ使用可。ただし村内を出ると不可になる。
・長ズボンを履いていても、虫に刺される。
・村内にはへき地診療所はある。がドクターが常勤しているかどうか不明。(電話で  内地のドクターに指示を受けるのでしょうか)虫さされの薬は持参しよう。
・食堂はなし。3食宿で取ることになる。
・レンタカーは宿屋の闇レンタカー。車のコンディションは悪い事を前提に。
・宿屋は当り外れがの差があり過ぎる。食事はある程度まともであるが、居室に差 
 があり過ぎる。
・この時期湿度が高く、すぐかびてしまう。除湿機を設置している宿もあったが、一晩 で3杯の水(6リットル)が取れるレベル。
・沖縄ほど適当?な人は少ない。むしろ観光客に厳しい(良くも悪くも監視されてい 
 る)感じ。
・無線はずいぶんコンディションに恵まれたが、3.5MHzのアンテナを張るスペース
 が限られる。たの周波数は何とかなる。
・村落が小さく密集しているうえ、防音はほぼゼロを考えると、宿からのQRVはかな
 り難しい。CWと短縮系を使えば一部可能かとも思うが、SSBの運用は不可能で しょう。
 
交信した局できなかった局ありがとうございました。
 
 
 
 
 

この記事へのコメント